マスターズと全米女子オープン

11月、半年遅れのマスターズでは歴代のベストスコア更新してダスティン ジョンソンが初優勝、圧倒的な強さを見せました。 毎年名立たるプロを悩ませるアーメンコーナーもパー・バーディで切り抜け、毎年見ているオーガスタナショナルではないように感じました。 観客がいないことは、プロたちは盛り上がらないと同時に、ラフを踏み固めてくれない、またボールを見つけてくれる人がいないディメリットがありますが、ダスティン ジョンソン選手には関係なかったようです。 高い精度のドライバーは狭いフェアウェイを捉え、柔らかいバンカーショットは左足下がりでもランを読んでピンそばに止める。ロングパットを沈めるスーパーパットではなく、どんな距離も確実に2打で沈める技術、アプローチでの寄せるレベルなど、この10年ドライバーの飛距離とアイアンの直進性が目立つマスターズとは異なる試合運びが見られました。

12月15日未明からの全米女子オープンは、渋野日向子プロが日本の期待を背負って最終日をトップでスタートしましたが、惜しくも4位に終わりました。 初日、2日目はパターが決まり渋野日向子プロ本人も「出来すぎ、奇跡」と評価していましたが、最終日はそれまでと異なり止まらないグリーンにどの選手も悩まされる中、韓国の新星が優勝しました。 明らかに渋野選手らしくないスウィングやショット、パットのルーティーンが少ししっくり来ていない感がありましたが、口惜しい結果となりました。 ただ、それでも4位ですからすごい記録であり、また来年への期待が膨らみました。

未だ新型コロナウィルス問題は終息の兆しを見せず、窮屈であり我慢の日々は続きます。 アプトゴルフは3密対策を継続し会員の皆様が安心してレッスンを受講して頂けるよう努めて参ります。

 

 

 

関連記事

  1. 渋野日向子プロ 全英女子オープン優勝から1週間。

  2. 11月コンペ

  3. 石川遼プロ、3年ぶり優勝

  4. 「ゴルフより大切なもの」を見つけてPGAツアー招待

  5. スポーツ観戦再開!

  6. 2019年プロゴルフを振り返る